ナカオホームスタッフブログ ナカオホームスタッフブログ

我が家の庭に真っ赤な真珠?

 


中尾建設工業?特販部の樋口です。


 


 


 


我が家の庭の南天の木に待望の「真っ赤でひかり輝く真珠のような実」が


 


「長い間待たしたな。これでどうだ。参ったか?」といわんばかりに


 

垂れ下がっています。 

 


これは15年ほど前に私の田舎の裏庭で真っ赤な実をつけていた高さ


 


m?ほどの南天の木から株分けしたものです。


 


田舎の南天の実は本当に真っ赤で言葉に言い表せないほど綺麗で超感動します。


 


(今あるかなあ?)


 


その超感動ものの南天の実の美しさを我が家の庭でも見ようと株分けをして


 


持って来たのですが、毎年白い花が咲くものの赤い実はなかなか実らず諦めて


 


いましたが、3年前から少しづつつき始めて、今年はごらんの通り 


 

立派な真珠のような真っ赤な実 がつきました。 


 


ここで皆さんもご存知と思いますが南天の木の雑学をプチ自慢します。


 


原産地は中国で遠い昔日本に伝わり九州から関東に自生しています。


 


南天の木の特徴は幹の上の方に葉が付き、下のほうには余りつきません。


 


大きさは2Mから5Mほどの高さになり、初夏に白い花が咲き、晩秋から


 


初冬にかけて真っ赤な球状の実をつけます。


 


しかし、ひとつの幹には毎年は実をつけず3年周期程度で実をつけます。


 


南天の木は硬く、大きく育った木は家の床柱や箸に使うそうです。


 


映画の寅さんで知られている?東京都葛飾の柴又帝釈天 


 


京都の金閣寺の床柱 が有名だそうです。


 


南天の葉は 赤飯の色取り に使われていますが、これは防腐作用がある


 


(毒性のあるシアン化水素が微量に葉に含まれている)ので 防腐も兼ねて


 


いる とのことです。(昔の人の生活の知恵はすごいですね)


 


最後に 南天の木は「難を転じる」と読めるので 縁起の良い木 と昔から


 


言われており、玄関先などによく植えられます。


 


また、福寿草と一緒にして「災い転じて福となす」と言われている そうです。


 


ちなみに 花言葉は「私の愛は増すばかり」 だそうです。


 


以上 私 樋口 のにわか仕込みの浅い知識でした。


 


 


 


2010年12月吉日


 

December 10, 2010

Copyright(c) NAKAOHOME All Rights Reserved.